[戻る]

一家に一台ファミリーベーシック

ファミリーベーシックをご存知でしょうか。 ファミコン上で BASIC 言語でゲームを作る事が可能な開発環境で、 任天堂が 1984 年にリリースした、知る人ぞ知るマイナーグッズです。

ファミリーベーシックは、 ゲーム開発環境としてはあまりにもチープなものですが、 限られた中でどういったものを作っていくかというパズル的な要素があり、 当時のパソコン少年予備軍はむしろ熱中したのでした。

ファミリーベーシックの概観

ファミリーベーシックは、専用カートリッジと、 コントローラー端子に接続するキーボードの2点で構成されています。 一式接続すると、写真に示したような状態になります。

接続完了! 中央に見えるのが専用キーボードです。 左手に見えるのがファミコン本体。 V3 のカートリッジが刺さっているのが確認いただけるかと思います。 右手に見えるのは、専用データレコーダーです。

箱入りの図 こちらは保存用の未開封のフルセットです。 この中には、1984 年の空気がそのままに詰まっています。

ところで、ここ数年になってパソコンを触りはじめた人は、 専用データーレコーダーって言っても、通じないんでしょうか・・・。 昔々、ハードディスクもフロッピーディスクも無かった(又は高価だった)頃、 パソコンのデータはカセットテープに音の信号として録音することで 保存していたのです。ピーガーとか、凄い音がしたものです。

起動画面 ファミリーベーシック V3 の起動画面です。
NS-HUBASIC V3.0
(c)NINTENDO/SHARP/HUDSON
4086 BYTES FREE
OK
と表示されています。

なんかこう、たぎるモノを感じないでしょうか?? テメーだけだって? こりゃ失礼。

[戻る]